葬儀の時は段取りを

喪主がする葬儀の挨拶とは

葬儀弔問客に対しての喪主の挨拶

喪主として葬儀に駆けつけていただいた弔問客に対して挨拶することは重要な役目です。実際のところ、弔問客がお焼香を上げてくださっているときは、ご導師様がお経を読みあげたりしている厳粛な式の真っ最中であり一人一人にお声掛けすることはほぼ無理でしょう、会釈するのが精いっぱいと言うところです。式が終わったタイミングでいる方には、喪主挨拶として丁寧な言葉をいい伝えることができますが、ほとんどの方は通夜ぶる舞の席についていることでしょう、式が終わりましたら通夜ぶる舞の席に駆けつけて、一人一人に声をかけるべきです。お帰りになってしまった方には、後日でも丁重な葬儀に出席して頂いたことに対してお礼を申し上げることをお勧めいたします。

心に残る喪主の挨拶について

葬儀の際 通夜と告別式で喪主は2度参列者に対して列席のお礼を含めた挨拶を行います。通夜、告別式の打ち合わせ進行で忙しいでしょうが 亡くなられた方との最後のお別れで すべきことがあります。葬儀会社から堅苦しい文面の事例を渡されますが 形式的な言葉が羅列されています。亡くなられた方の人柄 また家族との思い出などを喪主、近親者でないと知らないエピソードなどを交えて話しますと その一言一言で亡くなられた方を感じられ、列席した皆さんの心に残ると思います。亡くなられた方と親族、参列者の最後の別れにはぜひ 喪主御自身の言葉で語られることをお勧めします。

↑PAGE TOP