葬儀の弔電に関して

葬儀の弔電挨拶のマナー

葬儀欠席のため弔電にて挨拶

当然の訃報に際し、本来であれば通夜・葬儀に駆けつけたいところですが、葬儀会場が遠方であったり、どうしてもはずせない用事がある場合は弔電にてお悔みの挨拶をすることをお勧めいたします。弔電の送り方は、各社が電報サービスを始めてますが、NTTの電報が利用数は圧倒的に多いです。電報本文では故人や遺族の方々に失礼にあたらぬよう言葉や言い回しに気をつけましょう。「重ね重ね」「ますます」「再三再四」などのように不幸が続くことを連想させる言葉や、「死亡」「死ぬ」のように直接的に生死を表す言葉は決して使わないようにしましょう。

葬儀の挨拶で注意したい事

葬儀の挨拶と言えばまず、喪主が遺族の立場として、参列者にする事が多くあります。その場合、悲しみに沈んでいたりして、平静でない場合も多いので、自分の言葉では難しいことが多いので、形どおりの短いものでいいのですが、参列してくれた方々への感謝の気持ちと故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを現わすことが大切です。葬儀の参列者としては、悲しみに沈む遺族にかける言葉に悩みますが、故人の死を悼む気持ちを込めて、できるだけ手短に、お悔やみの合お札をしましょう。その時忌み言葉があり、「重ね重ね」とか「もう一度」とか「また」と言うような繰り返しを表す言葉は避けるようにしましょう。

↑PAGE TOP