葬儀で行われる儀式

葬儀で行われる儀式の種類

葬儀で行われる儀式の種類とは

葬儀と言うと、現在ではほとんどの場合、お通夜からお葬式、告別式までの一連の過程を指しますが、厳密にいうと異なります。お通夜は故人を葬る前に、身内や近しい知人が一晩付き添い、別れを惜しむ儀式です。葬儀は宗教色が濃く、故人や身内の宗教観によって内容に変わりがありますが、故人の冥福を祈り、葬る儀式を指します。具体的には僧侶の読経や神官の祭詞、祈祷などです。告別式は故人との最後の別れを告げる儀式を言います。またお葬式と言う言葉もほぼ同じように使われます。

↑PAGE TOP